労働審判の代筆を依頼を及び裁判書面

私は労働紛争で普通の裁判と、労働審判を一度づつ経験しています。弁護士を雇う程の経済的な余裕がない、あるいは賠償額が少なすぎて弁護士が一緒になって闘ってくれないなどそんなときは、司法書士に裁判書面の代筆を依頼する事になります。

司法書士といっても、様々いるのでこうした文章を制作できる司法書士を探さなければなりません。弁護士もそうですが、得意な案件というのがある筈です。司法書士も専門が労働問題などあるいは、裁判の書類を作った事のある人を探さなければなりません。

事労働審判となると、なかなか司法書士さんが見つからない事があります。私は司法書士さんと同時に、司法書士の知り合いに社労士の先生がちょうど居たので作ってもらえる事になりました。しかし労働審判にしろ通常裁判にしろ基本的に、争点とは自分がある程度きめなければなりません。それと法律的な理屈もある程度勉強しなければなりません。これが弁護士のような代理人をつける側とは違う所でですね。実際闘ってみるとその力の差は歴然。残念ながら日本の法曹には原告側特に民事裁判においての、裁判に携わるだけの平等性が確立しているとは思えません。資金的な負担があまりにもありすぎる。闘いをそれでもあきらめたくないので、司法書士の先生と闘ってもらうのです。
Escape from debt life

Bookmarks